ご挨拶

宗次エンジェルヴァイオリンコンクール

宗次エンジェルヴァイオリンコンクールは若きヴァイオリニストの登竜門として3年に1度、宗次ホール主催により開催されるコンクールです。

このコンクールの大きな目的は、入賞した演奏者にさらなる研鑽と努力を喚起すべく、世界に誇るヴァイオリンの銘器を貸与し、いつの日か次代を担う内外のさまざまな場で活躍する素晴らしい演奏家として、また人類の音楽文化に寄与する優れた音楽家としての大いなる成長を希求することにあります。 入賞者は優秀な音楽性、演奏技術とともに社会的見識を備えた優れた若手ヴァイオリニストとします。入賞者には3年間にわたって銘器の無償貸与をするとともに、別途規定に基づき、リサイタルや協奏曲の演奏機会の提供または助成、海外コンクールや講習会参加への助成を行ない、真の国際的演奏家としてのデビューをサポートいたします。

宗次ホール 代表
NPO法人 イエロー・エンジェル 理事長
宗次徳二